アップルストアでのiPhoneの修理、予約できない時どうする

iPhone スマホ

2018年12月現在、AppleストアでのiPhoneバッテリー交換の割引対応の影響で、iPhoneのその他の修理対応に関しても、予約が取りづらい状況になっています。

iPhoneバッテリー交換の割引対応が終了した年明け以降も、iPhone修理に関して、予約が取りづらい状況が続いています。

予約がとれないのは、全国のAppleストアおよびアップル正規サービスプロバイダです。正規サービスプロバイダとしては、カメラのキタムラやビックカメラ、クイックガレージの一部店舗(Apple製品修理対応を行っている店舗)となっています。とくにAppleストアのないような地方では、正規サービスプロバイダの店舗数も少なく、店舗があったとしてもすぐに予約が埋まってしまいます。

スマホが壊れてしまうと日常生活に支障をきたしてしまいます。すぐに修理したいですが、修理予約できない。そんな時どうすればよいのか、対応をまとめました。

修理するiPhoneが保証対象かどうか確認する

はじめに、アップルストアにて、手持ちのiPhoneが保証対象かどうかを確認しましょう。

こちらに製品のシリアルナンバーを入力して確認できます。シリアルナンバーの確認方法は、こちらから確認できます。

基本的には、保証対象のiPhoneの場合には正規店での修理を、保証対象外の場合には非正規店での修理をオススメします。

Appleストアへの配送修理

AppleストアへiPhoneを送り、修理して返送してもらうサービスです。アップルサポートから申し込みを行うことができます。配送業者が集荷にきてくれるため店舗に持ち込む手間はありませんし、特別に配送料がかかるわけでもありません。ただし簡単な修理でも4 〜 6 営業日ほど、場合によっては10営業日以上かかるため、その間iphoneが使えなくなるという問題があります。

Appleストア or 正規サービスプロバイダへの持込修理

日付が更新されるタイミングでの予約

正規店での修理予約は、一週間先までしか行うことができません。日付が更新されるタイミングでアップルサポートから予約手続きを行えば、予約できる可能性が高まります。日付が更新されるタイミングは、午前9時のようですが、現状すぐに予約は埋まってしまいます。9時10分に見てみると既に予約は埋まっていました。

予約フォームでのキャンセル待ち

正規店での修理予約は、一週間先までしか行うことができません。全日程が埋まっていることが多いのですが、アップルサポートの予約フォームをこまめにチェックしておけば、たまにキャンセルによる空きがでるので、予約できる可能性があります。

修理対応店舗でのキャンセル待ち

予約がとれない場合でも、店舗でキャンセルが出た場合には、交換に応じてくれる場合があります。ただし、店頭での順番待ちが必要であったり、店舗によっては対応を行っていないところもあります。

非正規店での修理

iPhone修理を行っている非正規店での持込修理を行います。
修理料金は店舗により異なりますが、正規店よりも割安な場合が多いです。

例えば、iPhone 6sの画面交換を例にとると

Appleストア(AppleCare+に加入の場合):3400円
Appleストア(保証対象外の場合):16800円
非正規店(あいさぽ新宿本店):6080円
(2018年12月現在、非正規店の場合は店舗により価格が異なります。)

のようになっており、iPhoneが保証対象外の場合には、非正規店の方が価格が安くなっています。メーカー保証に入っている場合には、保証から外れてしまう場合があるので注意が必要です。

非正規店のおすすめとしては、【iPhone修理あいさぽ】【ダイワンテレコム】が店舗数が多く、価格も安めなのでオススメです。

iPhoneを買い替える

購入後2年以上経っている場合には、iPhoneを買い替えるのも一つの方法です。格安でiPhoneを買い替える方法をまとめています。⇒ 格安SIMでiPhoneを格安で買い替える方法

まとめ

以上、iPhoneの修理予約がとれない場合の対応をまとめました。
おすすめは「保証対象外のiPhoneの場合には非正規店で修理する」こと、「AppleCare+などの保証に入っている場合には、キャンセル待ちを狙って正規店で予約する」ことです。

コメント