初期投資を抑えたブログ開設完全マニュアル

ブログ作成

この記事は・・・
独自ドメインのワードプレス(WordPress)ブログを低コストで立ち上げたい方向け

初期投資を抑えてワードプレス(WordPress)ブログを立ち上げるために、最低限必要と思われる情報だけをまとめました。手順通りに進めれば、迷うことなくブログ開設できます。

独自ドメインのワードプレスブログが良い理由

独自ドメインと無料ドメイン

ドメインとは、ホームページを識別するために用いられる、インターネット上の住所のようなものです。重複する住所がないように、同一のドメインは存在しません。ドメインには独自ドメインと無料ドメインの2種類があり、独自ドメインは購入する必要があります。

当サイトの場合、metablog.workが独自ドメインにあたります。

一方、無料ドメインは、企業等(Webサイト運営者)が購入したドメインを、複数の一般ユーザーが無料で使用するものです。つまりドメインを借りている状態です。ホームページへの広告掲載料がサイト運営者に支払われることで、運営者は利益を得ています。

一般ユーザーは無料でドメインを使用できるメリットがある一方で、ホームページから得られる広告掲載料をサイト運営者に持っていかれるデメリットがあります。

無料ブログに比べてワードプレスブログの利点は

無料ドメインを使用した無料ブログは、他人の土地で他人のために商売をしているようなものです。

無料のブログと言いつつ実際はサイト運営者のために、ほとんどタダ働きしているような状態なのです。

趣味のブログを無料で利用している分には悪くないのですが、アフィリエイトで利益を上げようとしている人にとっては、全くメリットがありません。

一方、独自ドメインを利用したワードプレスブログは自分の土地で自分の商売をすることができます。読み手の役に立つ内容を記事にすることで利益をあげることができます。

ひと昔前には、独自ドメインを取得しても、デザイン性に優れたブログを独自に開設するには大変な労力が必要でした。しかしながら、今ではワードプレス(WordPress)という無料で素晴らしいソフトがあります。プログラミングの知識が皆無でもデザイン性に優れたブログを誰でも開設することができます。

この記事の役割

独自ドメインのワードプレスブログのメリットを述べてきましたが、デメリットにも触れる必要があります。それは、無料ブログに比べるとやや手間がかかることです。

ひと昔前に比べて、かなり簡単になりましたが、それでもある程度の労力は必要です。必要な情報は検索すれば得られますが、膨大な情報や選択肢の中から最適な情報を選ぶのも、かなりの労力が必要です。それに、サーバーのレンタルやドメイン取得の際に費用がかかってしまいます。

利益が出るかわからないブログに多くの費用をかけるのはちょっと。

本ブログは、なるべく初期投資をかけない方法でブログを立ち上げました。本記事では、その手順をそのまま記載しています。手順通りに進めれば、迷うことなくブログ開設できます。

ブログ作成の手順

レンタルサーバーの利用

ブログのようなウェブサイトを開設するためには、まずサーバーを用意する必要があります。

サーバーとは情報サービスを提供するためのコンピューターです。

私たちは普段からコンピューターを使って情報サービスを利用していますが、情報サービスを提供する場合には専用のコンピュータが必要になります。

サーバーはレンタルすることができます。レンタルサーバーの種類は多く、値段も性能もピンキリです。本ブログではロリポップ!のレンタルサーバーを使用しており、初心者には、これをオススメします。コストパフォーマンスの高さとワードプレスの導入のしやすさから選択しました。月額250円のライトプランから始めて、ブログアクセスが増えてくれば、プランのグレードを上げることをお勧めします。エックスサーバーもオススメですが、初心者にはロリポップがオススメです。詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

本ブログもロリポップ!のライトプランで契約してます。

独自ドメインの取得

レンタルサーバーを契約したら、次に独自ドメインを取得します。ロリポップの場合、レンタルサーバー契約時にドメインが付与されますが、これは使用せずに独自ドメインを取得します。

レンタルサーバーから付与されるのは、無料ドメインです。

借り物のドメインなので、サーバー解約時にはドメインを返上する必要があります。将来レンタルサーバーを変更する可能性も視野にいれて、独自ドメインを取得します。

ドメインはブログのタイトルを考えた上で取得します。本ブログでは、「メタブログ」というタイトルとコンセプトを考えた上で、お名前.comのサイトからドメイン取得しました。

取得希望のドメインとして、metablogで検索するとmetablog.workが1円として価格表示されました。1円支払うと1年間ドメインが使用できます。ほぼ初期費用無料です。2年目以降の更新料は年間1000円程度かかりますが、1年間のブログ収益を見た上で、更新するかどうか判断すれば良いでしょう。

末尾が.comのような値段の高いドメインの方が検索で有利になるというような話もありますが、実際は関係ないようです。

レンタルサーバーでのドメイン設定

独自ドメインを取得したら、レンタルサーバーでドメイン設定を行います。

ロリポップ!のユーザー専用ページから「サーバーの管理設定」「独自ドメイン設定」と選択します。設定する独自ドメインの欄に、取得したドメイン名を入力します。次に、公開(アップロード)フォルダに名前を入力します。

公開(アップロード)フォルダは、複数のドメインを設定した場合に、ドメイン毎に公開ファイルをフォルダ分けするために必要です。必ず設定してください。ドメインに対応するフォルダをわかりやすくするために、ドメイン名のドットの前の部分(ホスト名)をフォルダ名とするのが良いと思います。

独自SSL設定

ドメイン設定をしたら、次に独自SSL設定を行います。

SSLはSecure Socket Layerの略で、サーバーとのやりとりを暗号化する設定のことです。

この設定を行うことで、サーバーとの間で安全な通信を行うことができます。現在では常時SSL接続することが推奨されており、Google Chrome等のブラウザでは、SSL接続していない場合には「保護されていない通信」といった警告文がページ上部に表示されます。ロリポップ!では無料で独自SSLを設定することが可能です。

ロリポップ!のユーザー専用ページから「セキュリティ」「独自SSL証明書導入」を選択します。「無料独自SSLを設定する」をクリックし、「SSL保護されていないドメイン」から独自ドメインを選択し、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。数分後に「SSL保護されたドメイン」として変更が反映されます。

読者に対してセキュリティに問題のあるページという認識をもたれないように、ブログ開設の際には必ず設定しましょう。

ワードプレス(WordPress)のインストール

ロリポップ!のユーザー専用ページから「サイト作成ツール」「WordPress簡単インストール」を選択します。サイトURLに取得した独自ドメインを入力します。

利用データベースはそのままの設定でOKです。

次に、サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスに任意の値を入力します。検索エンジンによるサイトのインデックスを許可するのチェックは入れたままでOKです。

入力内容確認ボタンを押して、ワードプレスをインストールします。

インストールが完了すると、ページ下部にWordPressインストール履歴が追加されます。管理者ページURLをクリックしてログインすると、ワードプレスを使用することができます。

ワードプレス(WordPress)の設定

URL設定のhttps化

はじめにワードプレス(WordPress)サイトのURL設定のhttps化を行います。WordPressを起動し、ページ左側のメニューから「設定」「一般」を選択します。一般設定の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の欄にあるURLの”http”の部分を”https”に変更します。ページ最下部にある「変更を保存」ボタンを押せば設定が完了します。

テーマの追加、インストール

次に、テーマを選択します。テーマとはページデザインのひな型のようなものです。WordPressには、様々なデザインのテーマが存在し、それらが有料あるいは無料で提供されています。

便利でデザイン性に優れたテーマが無数に存在するため、ブログに最適なテーマを探そうとすると、丸一日以上悩むことになります。

ブログを短時間で立ち上げたいなら、悩むことなく本ブログでおすすめのテーマ[Cocoon]を選びましょう。

以下のサイトから「Cocoon」のテーマをダウンロードできます。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

Cocoon(親テーマ)だけでなく、Cocoon Child(子テーマ)も忘れずにダウンロードしましょう。

次に、ワードプレスを起動し、ページ左側のメニューから「外観」「テーマ」を選択します。「新規追加ボタン」をクリックします。次に「テーマのアップロード」ボタンをクリックし、「ファイルを選択」ボタンから、さきほどの「Cocoon(親テーマ)」をアップロードします。同様にして、「Cocoon Child(子テーマ)」をアップロードします。Cocoon Childを有効化することで、テーマの設定は完了です。必ず子テーマを有効化しましょう。子テーマを使用することで、親テーマに更新があった場合にもカスタマイズした設定を維持することができます。

詳細設定

「Cocoon」テーマにおいて、詳細な設定を行います。長くなってきたので詳細は別記事(ブログ初心者に絶対おすすめのWordPressテーマ「Cocoon」の初期設定まとめ)にまとめています。参考にしてください。設定が完了したら、いよいよ記事を投稿してブログを始めることができます。タイトルやキーワードのつけ方は別記事でまとめたいと思います。

まとめ

以上、初期投資を抑えて、独自ドメインのワードプレス(WordPress)ブログを開設する手続きをまとめました。短時間でブログを開設したい場合には、手順通りに進めることをおすすめします。時間をかけてじっくり始めるのであれば、レンタルサーバーの選定や、ワードプレステーマの選定など、自分にあったものを探してみるのが良いと思います。

コメント