インターネットで買う、失敗しない中古車の購入方法

その他商品

この記事は・・・
インターネットで中古車の購入を考えている人向け

 

近年、ネットショッピングで買い物をする機会が増えてきています。買い物の半分以上をネットで済ませるという方も多いのではないでしょうか。中古車を現物を一度も見ずにインターネットで買うという人も増えてきています。私もその一人です。ネットで中古車を購入後、二年が経とうとしていますが、とても良い買い物をしたと満足しています。自分の経験をもとに、インターネットでの失敗しない中古車の購入方法をまとめました。

ネットで中古車を購入するメリットとデメリット

私の考えるネットショッピングの良いところは、品揃えが豊富安く買える家から出なくても買えるというところです。一方でネットショッピングのデメリットは、実物を確認できない売り手に信用がない場合があるというところです。

中古車に関しては、それぞれが状態の異なる一点もののため、たくさんの選択肢の中から良いものを選ぶことが重要です。ネットショッピングでは、離れた地域の車両も比較することができ、多くの商品から、より安く状態の良いものを購入することができます。

一方でデメリットとしては、思っていたよりも状態が悪い場合や、メーター改ざん、事故車等のリスクがあります。デメリットを補うために、事前によく調べて、信頼できる販売店を見極めた上で購入する必要があります。

失敗しない中古車購入のポイント

大手の中古車検索サイトを使う

中古車を探す際には、中古車検索サイトを使うのが一般的です。この時、車両掲載数の多い大手のサイトを使いましょう。オススメのサイトは以下の3つです。できれば全てのサイトを活用し、最もコストパフォーマンスの良い車を選びましょう。

  1. カーセンサーnet
  2. gooネット
  3. 中古車のガリバー

修復歴のない車を選ぶ

希望の車種や年式、価格帯を入力して車を検索します。この時、修復歴のない車を選ぶのが重要です。修復歴のある車は価格が安いですが、購入後に不具合が出るリスクが高いです。実物を確認できないインターネットでの購入の場合には、修復歴なしに限定して探すのが良いでしょう。中古車検索時に、修復歴なしを選択し絞り込みましょう。

プロの鑑定結果のあるものから選ぶ

カーセンサーではカーセンサー認定、gooネットではgoo鑑定というサービスがあります。これは、第三者機関が中古車の車両品質評価を行うものです。車両の内装・外装それぞれの状態を5段階評価した鑑定書を添付してくれます。これを利用することで、自分で実物を確認できないデメリットを補うことができます。鑑定結果のある車両に絞りこみ、鑑定書をもとに状態の良い中古車を選びましょう。中古車検索時に、カーセンサー認定車 or Goo鑑定にチェックを入れ、絞り込みましょう。

素人の自分で見るより、プロの目で確認してもらった方が安心ですよね。

ガリバーでは、第三者機関によるこうしたサービスはありませんが、代わりに全ての車両に車両状態表を作成しています。こちらでは、車両の内装・外装を6段階評価しています。車両状態表をもとに、状態の良い中古車を選びましょう。

事前に情報を登録しておく

検索結果をもとに状態の良い中古車を絞りこみましょう。価格が折り合えばここで購入するのもよいですが、できれば少し待ちましょう。中古車の場合、状態が良く割安な車がいつまでもサイトに掲載されている可能性は少ないです。状態が良く割安なものは、すぐに売れてしまいます。

在庫から探すと売れ残りから探していることになります。

事前に希望の車種、年式、走行距離の希望を入力し、新着情報がメールで届くようにしておきましょう。希望に近いものは、すぐに見積りを依頼します。購入希望車種の価格帯をしっかりと把握し、見積りを比較した上で、割安なものを選びましょう。金額の比較は、車両本体価格ではなく諸費用込みの総額で比較しましょう。

販売店の対応を確認する

状態の良い、割安な車が出てきたら、いよいよ購入を考えます。この時重要なのは、信頼できる販売店かどうかということです。メールや電話、ライン等でのやり取りの際に、対応に問題がないか確認しましょう。良心的な販売店であれば、車両の気になる部分など、質問すれば丁寧に答えてくれます。販売店の情報をネットで検索し、クチコミを調べるのも良いでしょう。

掲載サイトに、車両の写真が多く、詳しい説明付きで掲載されている場合には信頼できる販売店の可能性が高いです。

必要に応じて保証をつける

希望の車両が見つかり、販売店にも問題がなければ、いよいよ中古車を購入します。

中古車購入時に不安なのが、購入後の不具合の発生です。割安で購入したのに、購入後すぐに故障してしまい、修理費が高額になるといったこともあり得る話です。カーセンサーやgooネットの場合、最長3年間走行距離無制限の修理保証をつけることが可能です。ガリバーの場合には、最長10年の保証をつけることができます。(いずれも保証期間は車両によって異なります。)

保証期間が長くなると、その分保証料も高くなりますので、故障の確率と修理費用、保証料を勘案して保証の有無を決めましょう。販売店によっては、だいたいの故障確率と修理費用を教えてくれる場合もあります。

全ての修理項目に対応しているわけではないので、保証の内容についてもしっかりと確認した上で、加入の有無を決めましょう。

値引きは可能か?

中古車購入時に気になるのは、値引きの有無です。販売店によりますが、多少の値引きに応じてくれる場合があります。とはいえ、状態の良い割安な車を選んでいますので、大幅な値引きは難しいでしょう。私の場合には、1万円引き+ガソリン満タンのサービスで対応してもらいました。

販売店としても、早く売れれば次の仕入れができるメリットがありますので、交渉の余地はあるでしょう。

値引き以上に重要な「下取り」

中古車の値引き以上に重要なのは、今乗っている車の売却(下取り)です。売却価格は、買い取り業者によってピンキリなので、こちらもしっかりと比較した上で売却しましょう。おすすめの売却方法は、買取り業者3社に金額を提示してもらい、価格をつりあげていく方法です。一番高い金額を提示した業者の価格を他の2社に伝えて、価格をつり上げていきます。これを数回繰り返すことで、買取価格の上限で、売却することができます。

買取業者は色々な言い訳をつけて、必ず査定時に契約を求めてきますが、絶対に断りましょう。事前に査定時に契約しないことを伝えておくと良いでしょう。

3社からの査定後に価格を比較し、電話で値段をつり上げていくのが良いです。

以下の3社に査定依頼を出して比較しましょう。一括見積も良いのですが、一斉に電話がかかってきて面倒なので、以下の大手3社それぞれに申し込むのがオススメです。

ガリバー
ラビット
アップル

また、値段のつかない古い車や事故車の場合は、専用の買取り業者に依頼するのがオススメです。

査定は今すぐ!【廃車本舗】
事故車の買取実績No.1【株式会社タウ】

まとめ

以上、インターネットでの、失敗しない中古車の購入方法をまとめました。私も上記の方法を実行し、車を高く売って安く買うことができました。ぜひ参考にしてみてください。

コメント