格安SIMでiPhoneを格安で買い替える方法

iPhone スマホ

日本人でiPhoneを使い続けてる人って多いようですね。私もその一人ですが、iPhoneは使いやすくてデザインも好きなのですが、値段が高いのがネックです。この記事では、iPhoneを安く買い替えて安く使いこなす方法についてまとめました。

三大キャリアから格安SIMへの変更

iPhoneを安く買い替えるというと、三大キャリア(Docomo, au, softbank)のキャンペーンを利用する方法が思い浮かびます。実質0円とか、キャッシュバック〇万円とかいうやつです。この方法は絶対におすすめしません。安く買い替えができるのは、その後のランニングコストで絞りとられるからです。三大キャリアを利用している方は、まず格安SIMへの変更を行いましょう。

三大キャリアと格安SIMの料金比較

三大キャリアと格安SIMでiPhone買い替え後2年間のトータルコストを比較してみます。

下の表は、auと楽天モバイルでiPhone Xに買い替えて2年間利用した場合の料金の比較です。楽天モバイルのサイトからもってきました。3大キャリアと格安SIM業者の比較であれば、どの業者でも概ねこのくらいの料金の差になると考えてよいでしょう。

料金比較iphone

2年間で6万5千円の金額の差がついています。三大キャリアであれば2年契約が一般的ですので、解約時に1万円程度の違約金が発生することがほとんどです。それを考慮しても三大キャリアから格安SIM業者への変更をすぐに行うべきなのがわかります。(ただし契約更新月直前の場合には、更新月を待ってから移行するのが得策です。)しかも、買い替え後の年数が経過するほど、この差額は大きくなっていきます。iPhoneの同一機種を長く使う方は、格安SIMへの変更を必ず行いましょう。

SIMフリーのiPhoneの購入+格安SIMへの乗り換えの組み合わせがトータルコストを下げる最適な方法です。

格安SIMのデメリットは?

格安SIMへの移行を薦めると、デメリットがないか気にする人が多いのですが、実質的なデメリットはほとんどありません。以下で説明します。

まず気になるのは、通信エリアと通信速度です。通信エリアについては、docomoなど三大キャリアの回線を借りているので、三大キャリアと差はありません。通信速度については、回線の契約内容や通信機器の違いで業者ごとに差がでるようです。しかしながら、平日の昼間など、通信が混雑する時間帯以外は、使用上特に支障がない場合がほとんどです。

その他のデメリットとして、キャリアメールが使えなくなることが挙げられます。しかしながら、今ではメールよりもLINEで連絡をとるのが一般的です。メールを使う場合でも、googleやyahooでフリーメールアドレスを簡単に取得することができます。実用上、特に支障はないでしょう。

通信速度にこだわりがあり、「平日の昼間など通信が混雑する時間帯でも動画の閲覧を行いたい」という人以外は実質的なデメリットは特にないといえるでしょう。

格安SIMはどの業者を選ぶのが良いか?

格安SIM業者は多数あって、どの業者を選ぶのか迷ってしまいますが、オススメは楽天モバイルです。理由は料金の安さと通信品質、キャンペーンの多さです。楽天モバイルは今のところ格安SIMでシェアNo.1ですので、格安SIM業者の中では価格競争力があるのが強みです。通信品質は、概ね平均並みですが、自分でも使ってみて特に問題は感じていません。キャンペーンの多さは魅力的で、割引キャンペーンなど数多く実施しています。iPhone SEを安く買えるキャンペーンもやっていますので、iPhone SEの購入を考えている方には特におすすめです。

⇒  楽天モバイル 

iPhoneを安く買い替える

ランニングコストの観点から、格安SIMを契約することのメリットを述べてきました。次に、iPhone本体を安く購入する方法についてまとめます。

iPhone SE購入の場合

とにかく安くiPhoneを買い替えたい方にとっては、iPhone SEへの買い替えがオススメです。iPhone SEは、低スペック機種なので安く購入できます。上述した楽天モバイルのキャンペーンを利用すれば、iPhoneの買い替えを格安で行うことができるでしょう。現状在庫切れのようですが、入荷を待って申し込むのがおすすめです。

その他の機種購入の場合

インターネットで購入するのが安く買えてお得です。新品でも意外と安く買えますし中古品であればさらに安く購入できます。今のところdocomoの白ロム(simカードが入っていない本体)であれば、楽天モバイルのsimカードがそのまま使えます。(楽天モバイルがdocomoの回線を使用しているため。)

あるいは、Appleストアで正規品を購入するのも良いでしょう。2018年9月13日に新モデルのiPhone XS, iPhone XS max, iPhone XR が発表されたのに合わせて、旧モデルが値下げされていますので、以前よりもお求めやすくなっています。上記サイトと値段を比較して検討しましょう。

⇒ Appleストア

旧機種の売却

iPhoneを安く買い替える場合には、旧機種の売却を行うのがおすすめです。下記のサイトから申し込めば宅配業者が自宅まで取りに来てくれます。送料無料当日集荷可能です。

【手数料・送料無料】携帯電話・スマートフォン売るならネットオフ♪

まとめ

以上、iPhoneを安く買い替えて安く使いこなす方法についてまとめました。

SIMフリーのiPhoneの購入+格安SIMへの乗り換えの組み合わせがトータルコストを下げる最適な方法です。格安SIMは 楽天モバイル がおすすめです。iPhoneの購入は、ネットショッピングもしくはAppleストアで価格を比較して行いましょう。中古機種の購入であれば、新品よりも安く購入することができます。また、新機種の購入時には、旧機種の売却を行いましょう。

コメント