二度美味しいカップ麺、酸辣湯麺で超簡単スンドゥブチゲ

豆腐チゲの完成 料理

昔ダチョウ倶楽部が、「インスタントラーメンを食べた後の残りスープを雑炊にして食べる」という貧乏エピソードを話していました。それ以来、残りスープの有効活用法を考え続けて早や20年。いろいろと試した中から、うまくいったレシピを公開していきます。

酸辣湯麺で超簡単スンドゥブチゲ

レシピ

必要な材料は以下の三つ。

  1. 酸辣湯麺の残りスープ
  2. 絹ごし豆腐 200g
  3. 豆板醤 適量(今回は小さじ2杯)

作り方を説明します。

残りスープの準備

まずは、インスタントラーメンを食べます。今回はこちら「明星 中華三昧 酸辣湯麺」。赤坂の中華料理の名店「榮林」が監修しています。

カップ麺(酸辣湯麺)

お湯を注いで四分、液体スープを入れて出来上がりです。

まずはラーメンを食べます。酸味と旨味のバランスが最高。麺はノンフライめん、スープに良く絡む。とにかく上手い。カップ麺と思えないほど本格的な味です。中華料理屋で出されてもほとんどの人がカップ麺だとは気づかないのではないでしょうか。あっという間に完食です。

調理開始

残りスープの用意ができたら、いよいよ調理開始。鍋に残りスープを投入し、火にかけます。

鍋に残りスープ投入

豆腐を一口大にカットして、豪快に投入。豆板醤を適量加え沸騰するまで火にかけます。

豆腐を入れる

豆腐を崩さないように少しかき混ぜて、1、2分煮立てたら完成。

豆腐チゲの完成

酸味と辛味のバランスが最高。ご飯と合わせて食べるのも良いし、お好みで卵を落とすのもオススメです。

アツアツのまま食べるのがオススメ。調理には直火対応のラーメン鉢がおすすめです。
⇒ ラーメン鉢 直火対応 手付き 黒 美濃焼

コメント