米津玄師「Lemon」の歌詞の意味は?レモンの比喩表現に目から鱗。

雨 その他

2018年末の紅白歌合戦で話題をさらった米津玄師の「Lemon」。ドラマ「アンナチュラル」の主題歌としても有名です。レモンの比喩について、最近twitterで話題になっていました。レモンの比喩を踏まえた上で、歌詞の解釈をまとめました。

Lemonの歌詞全文

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている あの日の悲しみさえ

あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください
そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光

自分が思うより 恋をしていたあなたに
あれから思うように 息ができない
あんなに側にいたのに まるで嘘みたい
とても忘れられない それだけが確か

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

歌詞の主題と本人へのインタビュー記事

こちらの曲、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされました。音楽ナタリーのこちらの本人へのインタビュー記事に詳しく書かれています。「人間の死」が歌の主題となっていること、祖父の死が曲の制作に大きな影響を与えたことが語られています。

「傷付いた人を優しく包み込むようなものにしてほしい」というオーダー

に対して、

「あなたが死んで悲しいです」とずっと言ってるだけの曲になった。

と語っています。死別した相手への悲しい思いを純粋につづった曲であると考えられます。

レモンの比喩について

レモンの比喩については、小説家の飛浩隆さんや批評家の東浩紀さんが年明けのtwitterで投稿し、話題になっていました。詳細はこちらのtogetterの記事を参考にしてください。

要点は、切り分けたレモンの断面が放射状に広がる光のイメージを表現しているというところです。言われてみれば納得で、これは目から鱗でした。


(c) .foto project

歌詞の意味について

歌詞の意味の解釈については、色々な取り方が可能だと思います。前述のレモンの比喩を踏まえた上で、私なりの解釈を以下に記載します。

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

大切な人(あなた)がなくなったこと。そしてその現実が受け入れられないことが冒頭の二文だけで痛いほど伝わってきます。記憶の奥にある古びた思い出を悲しみの中で大切に取り出す様子が浮かびます。

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

あなたと出会って幸せだったこと、あなたと出会う前の過去が昏く、永遠に昏いままであることを意味しています。「昏い(くらい)」は、日が暮れてあたりがぼんやりと、はっきりしなくなるさま、を意味しています。要は、が足りない状態です。あなたがいなきゃ昏いということから、あなたであることが暗示されます。

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

わたしが、悲しみのどん底にいることが表現されています。

あの日の悲しみさえ

あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い

あの日とは、あなたが死んだ日でしょうか?その悲しみや苦しみさえ、あなたのすべてを愛していたことが伝わってきます。ここで初めてレモンが登場します。あなたと苦いレモンの匂いを重ねています。あなたでありレモンであるということが表現されています。

雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

降り止まない雨は、のささない様子を意味しています。あなたがわたしのであることがここで改めて直接的に表現されています。であるあなたがいないのですから、雨が止むはずはありません。

暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えている
受け止めきれないものと出会うたび
溢れてやまないのは涙だけ

暗闇という言葉から、あなたが死んだ後の世界が想像されます。であるあなたがいないから暗いのです。死体を抱きしめているのでしょうか。あなたの死を受け止めることができず、わたしの涙がとまらない様子が表現されます。

何をしていたの 何を見ていたの
わたしの知らない横顔で

わたしの知らない横顔=死んだ後のあなたの横顔 を意味しています。死後のあなたは何をしていたの?何を見ていたの?と問いかけます。

どこかであなたが今 わたしと同じ様な
涙にくれ 淋しさの中にいるなら
わたしのことなどどうか 忘れてください

死後のあなたがわたしと同じように悲しんでいるなら、どうかわたしのことを忘れてほしいと願います。

そんなことを心から願うほどに
今でもあなたはわたしの光

わたしは、死後の世界を信じているわけではありません。それに、あなたにわたしのことを忘れてほしいわけがありません。それなのに「そんなことを心から願うほどに」あなたが大切なのです。あなたがわたしのであることが改めて強調されます。

自分が思うより 恋をしていたあなたに
あれから思うように 息ができない
あんなに側にいたのに まるで嘘みたい
とても忘れられない それだけが確か

あなたが死んでから、生きていくのがつらい。あなたが忘れられないということを表現しています。

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない

あなたレモンの重ね合わせが繰り返されます。

切り分けた果実の片方の様に
今でもあなたはわたしの光

切り分けた果実はレモンを意味します。レモンを切断することは、あなたを切断することであり、あなたの死を暗示します。切断の瞬間の、ナイフの触感、色彩、香りが伝わってきます。喪失の衝撃や痛み、悲しみが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった全ての五感を通じて伝わってきます。そして切断後のレモンの断面は、なお光を発しています。あなたが死後もわたしを照らすであることを表現しています。

まとめ

以上、米津玄師の「Lemon」の歌詞について、twitterで話題になったレモンの比喩を手掛かりに、自分なりの解釈をまとめました。改めて歌詞を眺めてみると、深みのある素晴らしい内容でした。死を主題としつつも、歌詞中に死という言葉は一度もでてきません。あなた、光、レモンを重ねる表現を用いて、あなたを失った悲しみを歌詞全体で表現しています。最後には、あなたが死んでもなお光であることが五感に訴えながら強調されます。

インターネット上では、他にも、歌詞の中盤で「わたし」と「あなた」が入れ替わるといった説や、「わたし」と「あなた」がシンクロし共鳴するといった説もあるようです。読者それぞれが自分なりの解釈をしてみるのも良いのではないかと思います。

コメント